インターネットの活用で販売拡大を狙う

こんにちは、葛西です。

今回は根本的にインターネットの活用についてお話していきます。

この令和の時代、パソコン、タブレット、スマートフォンの普及によりインターネットを通じた買い物が目まぐるしく発展していきました。

体の不自由な方、子育てで時間が無い方、忙しくて買い物に行けない方。また、店頭では買えないものもインターネットを通じてだと幅広く買うことが出来るようになりました。

また多くの企業もインターネットを販売の場として意識する傾向が強くなり、マーケットとしても成長を遂げ、注目の場でもあります。

買い物をする側の立場からすると欲しい商品の選べる幅が広いというのは非常に便利ですよね。また、在庫の有無が購入の際に確認することが出来るので店頭に行って品切れだったり、お店をはしごする必要が無いのもとても便利ですね。

農業におけるインターネット販売のメリット

では、農家さんたちがインターネット販売を行うメリット(利点)はどうでしょうか。

  • ネット環境があれば日本全国どこへでも販売可能
  • 農協を介さないで直接販売できる(こだわりを大切に)
  • 飲食店や畜産業などと繋がるサイトとの連携が可能で、そこの消費者からの口コミや宣伝効果により更に販売の拡大を図れる

ネット環境があれば日本全国どこへでも販売可能

昔は、山や田舎から都会へ出て行商で野菜を販売することもありました。(逆に現代では珍しいので話題になる可能性もありますが…)

現在では、ネット通信が可能な環境であれば、日本全国どこでもインターネットを通じてやり取りをすることが出来ます。

パソコンが使える必要が多少はありますが、この記事をご覧になっている方であれば問題ないと思います。

農協を介さないで直接販売できる

よく聞く農家さんのこぼれ話では有機野菜や栽培方法に細かくこだわっても、農協へ卸す際の野菜やお米の買取の価格はあまり変わらないとのこと。

多くのものが選べて買える今だからこそ、他との差別化やこだわりなどはしっかりアピールして分かってほしいものです。また消費者も健康志向や無農薬野菜などへのこだわりが強くなっていますから非常に大切な部分だと私も感じます。

農協を介さないことで利益率もあがりますし、しっかりこだわりを説明して自信をもって販売することが出来るのもインターネット販売の魅力の一つですね。

飲食店や畜産業と繋がるサイトを利用できる

最近では、野菜を下ろしたい農家と、野菜が欲しい飲食店等の繋がりを助けてくれるマッチングサイトと呼ばれるサイトが増えてきています。具体的なサイトを少しご紹介いたします。

SEND(センド)

プラネット・テーブル株式会社が運営する「SEND」というサービスです。地域の農産物を需要の多い首都圏に供給する仕組みを提供しています。 

SENDでは、生産者は獲れたて食材をSENDが運営する拠点に発送するだけで、 あとはSENDがその拠点から食材を求める飲食店等に配送していきます。 

非常に効率の良いシステム

そして、SENDでは、検品・全量買い取りなので確実な収益を見込むことができるのも大きなポイントですね。入金のサイクルも柔軟に変更できるので経営する上で、非常に助かる要素が多いのもうれしいですね。 

こだわって作った食材を首都圏に向けて販売したいと考えている生産者にとってはオススメです。 

▼SEND(センド) 

https://send.farm

farmO(ファーモ)

株式会社坂ノ途中が運営する「farmO」というサービスです。登録や年会費が無料、受発注システムや配送料が大手業者より2割程度安く抑えられるなど魅力的なサービスが人気のサービスです。

年会費や登録が無料という点も農家さんにやさしい。

サイトには自由に書き込める掲示板があり、そこで農家さん自らが、この野菜を売りたいといった投稿を。一方で飲食店側からは、市場に流通しないオーガニックの農産物を探しているといったコメントも。そこから両者がマッチングして新たな取引につながるケースもあるそうです。

farmO(ファーモ)

https://www.farm-o.net/

2社のサイトを紹介しました。

コロナ渦もあり、農家さんたちにとっては厳しい時期が続きますが、様々な工夫をして、農家さんの助けになるような企業も少なからず存在します。

インターネットを介してうまく需要と供給の繋がりを築けるかどうかがこれからの時代を生き抜くための一つのポイントになるのではないでしょうか。

インターネット販売のデメリット

なにもかもが楽に、良い方向へ行くわけではありません。

しっかりデメリット(悪い点)も確認しておきましょう。

農協を通さなくなると、今まで任せていた仕事を自分でやらなければいけません。この部分については、先ほどのサイトに登録したり、販売の仕方によってさまざまだとは思いますが、品質管理や、納品の作業、更に支払い等の金銭的な管理もしっかり自分でしなければいけません。

そういった部分は工夫して外注したり、ある程度の作業を頼めるサイトや企業との連携が必要になってきますね。

and farmersでできること

このようにインターネットを通じて様々な利点やチャンスがあることはご理解いただけたでしょうか。

そのためにも

  • ホームページ
  • 商品の販売ページ

大きくこの二点が必要になります。

今回は「商品の販売ページ」のお話がメインでした。

and farmersでは商品の販売ページのデザインやご準備なども承っております。

  • 販売ページを過去に作ったがあまり触っていない
  • 販売ページは持っているがもう少し集客を見込みたい
  • 自分では販売ページを持っていないけど、準備が面倒・分からないので簡単な操作だけで使える状態まで準備してほしい

など、わがままでも気になることでも、些細なことからなんでもご相談ください。

また先日は「五十嵐農園」様よりお米の販売ページのデザインやレイアウトを担当させていただきました。

実績その1
美しい秋田の自然とこだわりのお米を強くアピールしました。

無農薬で安心安全なお米にこだわっていてそんな優しい生産者さんのイメージと美しい稲穂の写真をメインでデザインさせていただきました。

▼五十嵐農園様のお店はこちら。

https://komedokoro-igarashi.shop/

我々and farmersも皆様のこだわりや愛情を一番に表現できるように努めております。

▼ホームページについてはこちらの過去記事を参照ください。

名刺としてのホームページを作ろう。